商品検索




お問い合せ

カートを見る

メールマガジン

QRコード

野菜不足が与える影響

深刻な若い世代の野菜不足

厚生労働省が2002年(平成14年)に発表した「健康日本21」では、健康維持のためには、野菜を1日に350g以上をとりたいとしています(15歳以上の成人)。しかし、最近の国民栄養調査の平均摂取をみると、この目標は一向に達成されないままです。

 同じ調査で、野菜の摂取量を世代別に見ると、年齢が高いほど多くなる傾向があり、若い年代での不足が目立ちました。とくに、20歳代、30歳代の果物摂取量は少なく、目標の6割程度にしか達していません。

野菜消費量はアメリカを下回るまでに

野菜消費量を日米で比較したグラフを見ると、日本の消費量が減少しているのに対してアメリカは増加傾向にあり、1998(平成10年)年にはついに逆転しています。今や日本人は、生活習慣病先進国といわれ、野菜不足が問題視されてきたアメリカ人よりも野菜を食べていないのです。

心配なのはビタミン、ミネラル、食物繊維不足

このような野菜や果物の摂取不足の状況でまず心配されるのは、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足です。とくに、ビタミンAは6割以上を野菜から、ビタミンCは3割以上を果物から摂取しているというデータもあり、野菜・果物不足はそのままビタミン不足につながります。  また、ミネラルの中でも、日本人に不足しがちなカルシウムや鉄は、緑黄色野菜に多く含まれています。カルシウムといえば乳製品、鉄ならレバーなどに豊富であることはよく知られています。しかし、これらの食品には脂質も多く、摂りすぎるとエネルギーオーバーが心配されています。そのため、低エネルギーな野菜からもしっかり補給する必要があります。  これらの栄養成分は、それぞれ体内の要所要所で大切な役割を担っています。例えば、ビタミンAは粘膜の強化や目の機能維持のために、ビタミンCはタンパク質の合成や免疫機能が正しく働くために必要です。カルシウムは丈夫な骨を作るだけでなく、神経の働きを助けるためにも欠かせません。ですから、野菜・果物不足は、身体のさまざまな不調を招く原因になるのです。

野菜と果物で生活習慣病を予防

野菜や果物の摂取量が不足する一方で、摂取量が増えているのが肉類です。それに伴って脂質摂取量も増加しており、このことは肥満や生活習慣病が増える大きな要因になっています。こうした傾向に歯止めをかけるためにも、脂質の多い多い食品よりも、低エネルギーで、脂質が少ない野菜や果物の摂取量を増やすことが重要視されているのです。 更に、野菜や果物に含まれる抗酸化成分の働きも注目されています。カロテンやリコペン、ラボノイドなどに代表される抗酸化成分には、活性酸素の害を防ぐ働きがあり、生活習慣病の予防に効果があると考えられています。

若年層の便秘が増えている!?

便秘は万病の元と言われています。老若男女問わず便秘で悩んでいる方は大変多いはずです。 ひどい便秘は、大腸がんの原因になると言われ、たかが便秘と放っておけない大問題です。 便秘の原因は食生活です。肉類や糖類の摂り過ぎでビタミンB1が不足して腸の力が弱くなり、更に食物繊維などの少ない食事をしているため腸の働きが悪くなるからです。 食生活は普段どおり生活していたら、なかなか改善できないものです。特に野菜嫌いが悪い意味で定着してしまった若年層については、大変深刻な問題です。 便秘になるのは、普段の食事から食物繊維をあまり摂ってないために、便意を感じなくなり、便が長時間も腸内にとどまることから、便の水分がドンドンと吸収されていき、固い便となります。固い便になると益々便秘になります。 食物繊維には排出しやすく柔らかい便にし、便の量を増やし、便が腸管を通過する時間を短くする働きがあります。 意外ですが、食物繊維は腸では消化されず、便として排出されるのです。簡単に言ってしまえば、食物繊維を多く摂取することによって、便の量が多くなって、便意がおきやすくなるから、食物繊維が便秘に良いとされているのです。 青汁は食物繊維がたくさん含まれており便秘に良いことでも知られています。 青汁には、その食物繊維が大量に含まれているので便秘対策には言うまでもなく、他の理由で青汁を飲み始めたら、結果的にお通じも良くなったということも多いようです。





与那国青汁のご購入はこちらから

与那国島原産超青汁

3,980円(内税)

子どもにも飲みやすい美味しい青汁