商品検索




お問い合せ

カートを見る

メールマガジン

QRコード



私たち「子どもの健康.com」は現代の食生活や生活環境に目を向け、身体への悪影響を少しでも和らげ、現代社会を安心・安全・健康に過ごせるような情報提供を目的とし設立いたしました。


食について

昔から「人の体は食べものによって変わる」と言われています。

医学によって解決できない病気や精神面の不調などが発生するようになったのも食文化の激変からです。

我々が物を買うときに一番悩む物は何でしょうか?

この質問をしたときに「食べもの」と答える人はほとんど居ないはずです。

洋服や電化製品、子供であればおもちゃやゲームなど、選ぶのにかなりの時間を費やすはずです。

しかしながら、そういう買いものは、そんなに悩むほど重要ではありません。

それらの物は古くなって飽きたら、誰かにあげたり捨てたりすれば済むはずです。

ところが、食べたものは体のなかに入って、その人の一部になります。

食べものは人の根本にかかわる重要なものなのです。

ファーストフードやコンビニ食品、レトルト食品などの氾濫により食生活のバランスが悪くなり、食べる量は満たされているにもかかわらず栄養の偏りによる栄養失調が起こっています。

しかしながら、このような食生活は避けて通るのは難しい現実があり、環境や生活習慣はなかなか変えられません。そこで、足りない栄養分を補給するために高品質なサプリメントの活用が不可欠であり、たくさんの医師も推奨しています。


「子どもの健康.com」では食生活改善のための情報提供をしていくとともに、医師や専門家の協力を得て、プロの目で選んだサプリメントをご紹介しています。




環境について

現代社会は電化製品の普及により、電磁波に囲まれて生活していると言っても過言では有りません。

特に生まれた時から電磁波環境の中で育っている子ども達の状況を見過ごすわけにはいきません。

過去には存在しなかった、キレるという言葉や想像を絶する凶悪犯罪も電磁波の影響があると数多くの専門家が指摘しています。

子どもは頭蓋骨が薄いため、電磁波の影響を受け易く、特に電磁波の中でも超低周波という、非常に低い域の波が、体内の奥深くに吸収されてしまうことが分かってきました。

臨床実験の結果では、DNAに深く影響を及ぼすことも判明しており、人類存続のためにも、電磁波防護を一刻も早く普及させなければなりません。

過去、因果関係の認知の遅れが社会問題化した過去の問題と同じく、電磁波問題は重大な環境・社会問題です。

加えて問題なのは、この超低周波の規制について、先進国では唯一日本のみが、規制値すら設定しておらず、その危険性について一般的に認知されていません。

まずは、電磁波に対して正しい知識を一人ひとりが持ち、電磁波先進国であるスウエェーデンのように、市民から社会を変えて行くことです。

私たち「子どもの健康.com」が、少しでもそのお役に立てたらと思っています。




子どもを守る

子どもを危険から守る事は大切なことです。危険も色々ありますが、私は、危険の中でも、一番守らなければならない危険は『子どもの健康』に対する危険だと考えています。健康というものに長年関わってきて、『子どもの健康』が、今かなり危機的な状況にあることを痛感しています。

『子どもの健康.com』では子どもたちが健康で毎日を送っていくための情報提供をしていきます。お子さんをお持ちの親御さん達、お孫さんをお持ちの方々、子どもたちに目を向けていただける方々と一緒にこのサイトを作っていけたら有り難いです。



子どもの健康.com